第3回「定食屋チェーン1店舗の売上金額推定」

第3回「定食屋チェーン1店舗の売上金額推定」

本シリーズでは、東大ケースシリーズ『伝説の「論理思考」講座』の著者による、ケース面接の演習問題の解説を実施します。解説内容は、「つまずきやすい箇所とそれらの回避策」を中心としたものです。

>第1回から例題に挑戦してみたい方はこちら
>例題の一覧はこちら

今回の問いは、以下の通りです。

今回のケース問題で差がつくポイント

今回のケース問題で差がつくと思われるのは、以下の2点です。

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

一人で考える時間における検討内容

まずは、一人で考える時間に、どのような内容を検討しておくと良いのかについて、確認しておきましょう。

1. どのような視点から因数分解するか

さて、今回の問いは、見たところ典型的なフェルミ推定に見えます。フェルミ推定において因数分解を行うとき、王道のアプローチは以下の2つです。

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

2. 選択したアプローチによる因数分解を進める

さて、ここまでは簡単かつ短時間で因数分解しただけなので、以下のような問題点がありそうです。

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

3. 各項目の値の推定

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

面接官からの深掘りの質問に応じた検討内容

次に、面接官との質疑応答がどのように進むと想定されるのかについて、確認しておきましょう。

一人で考える時間内では、因数分解の部分がしっかり検討できていれば大きな問題はないです。実際、この辺りは問題なく実施できる受験者も多いかと想定されます。そのため、この「質疑応答」の出来が、合否を分けることになるでしょう。以下、どのような質疑応答が想定されるか、見ていきましょう。

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

面接時におさえておきたい視点

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

いいね
0
わかりやすい
0
新しい発見
0
著者プロフィール
白木 湊
経営コンサルタント
白木 湊
ケースアカデミー東京(旧東大ケーススタディ研究会)のメンバーの一人。 学生や新社会人向けに、ロジカルシンキングの個人指導を行っている『東大ケーススタディ研究会 伝説の「論理思考」講座』の著者。

CareerPod会員限定の
機能です。

無料会員登録をするか、既に会員の方は
ログインをすれば利用いただけるようになります。

CareerPod会員になると…
・CareerPodだけの選考・イベントに応募
・会員限定コンテンツの閲覧・視聴
・あなたの興味に応じてLINEで情報が届く