第2回「サプリメント事業の成長戦略」

第2回「サプリメント事業の成長戦略」

本シリーズでは、東大ケースシリーズ『伝説の「論理思考」講座』の著者による、ケース面接の演習問題の解説を実施します。解説内容は、「つまずきやすい箇所とそれらの回避策」を中心としたものです。

>第1回から例題に挑戦してみたい方はこちら
>例題の一覧はこちら

今回の問いは、以下の通りです。

今回のケース問題で差がつくポイント

今回のケース問題では、以下の点をしっかり考慮できたか否かで差がつきます。

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

一人で考える時間における検討内容

まずは、一人で考える時間において、どのような検討をしておくと良いのか、確認しておきましょう。

1. 前提条件の確認…サプリメントの特徴を簡単に整理する

ツリー構造などで構造化する前に、まずは簡単で良いので、サプリメントの特徴を理解しておくことが重要です。たとえば、以下のような特徴を整理しておくと良いと思われます。

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

2. 売上の構造化…全体像を整理する

さて、上記で整理したサプリメントの特徴も念頭に置きながら、サプリメントの売上を構造化してみましょう。

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

3. 深掘りすべき箇所の整理…課題仮説を立案する

問いの構造化を実施したら、次は「どこを深掘りすべきか」を検討する必要があります。これは、「課題仮説」や「初期課題」と呼んでも良いかもしれません。

今回のケース問題であれば、たとえば以下のような課題仮説が想定されます。

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

4. まとめ…一人で考える時間内で、どこまで検討できていると良いか

さて、一人で考える時間において、どこまでできているべきでしょうか。

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

面接官からの深掘りの質問に応じた検討内容

一人で考えた内容を面接官に伝えたら、面接官から質問が入ります。質疑応答ではなく、討議のような形になることも多いです。

議論の進め方に関する留意点

このとき、一人で考えた内容の質によって、大きくは以下の2パターンの進め方(面接官の質問)が想定されます。

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

面接時におさえておきたい視点

最後に、面接時におさえておきたい視点を整理しておきましょう。

この記事の続きを読むには、
会員登録する必要があります。

いいね
0
わかりやすい
0
新しい発見
0
著者プロフィール
白木 湊
経営コンサルタント
白木 湊
ケースアカデミー東京(旧東大ケーススタディ研究会)のメンバーの一人。 学生や新社会人向けに、ロジカルシンキングの個人指導を行っている『東大ケーススタディ研究会 伝説の「論理思考」講座』の著者。

CareerPod会員限定の
機能です。

無料会員登録をするか、既に会員の方は
ログインをすれば利用いただけるようになります。

CareerPod会員になると…
・CareerPodだけの選考・イベントに応募
・会員限定コンテンツの閲覧・視聴
・あなたの興味に応じてLINEで情報が届く